LifeStyle

33歳の誕生日は嬉しいことがいっぱいでした。

こんにちは。タテです。

先日に誕生日を迎え、33歳になりました。

家族からお祝いしてもらったり、プレゼントをもらったり。

これは、息子と娘がそれぞれ自分たちのお小遣いから、パパが好きそうなものを選んで買ってきてくれたもの。

お腹が空いてたし、たけのこの里は大好きだから夕食前にさっそく食べてたら、ちゃっかり娘も一緒に食べてて、気づけば半分ぐらいは娘に食べられてました(笑)

こんなときに息子は「パパの誕生日プレゼントなんだからいっぱい食べちゃダメだよ」とか言いながら、娘を諭しつつ控えめにたけのこの里を3つぐらい口に入れてました。

それと、妻、息子、娘からのお手紙。中には肩たたき券とか、娘と手を繋げる券とか入ってました。

娘と手を繋ぐのは許可制で、しかも1回限りとのこと。有効期限は2019年中。厳しい条件だなぁ…。

妻からのプレゼントはこちら。

超絶ミニマルな三つ折り財布をいただきました。

ちょうど新しい財布がほしかったところで、しかも小さい財布がほしいと思ってたからめちゃくちゃ嬉しかったです。ありがとう。

こちらの財布についてレビュー記事とかも書いてるので、興味がある人は「Dom Tepornaのミニマル財布はキャッシュレス時代の最適解だ」をご覧ください。

感謝・感謝・感謝!

妻や子どもたちからだけじゃなく、妻の母からもプレゼントをいただきました。

写真は撮ってないけど、フットサルで人気のブランド「KELME」のトレーニングウェアセット。肉球のマークがブランドロゴになってるやつ。

デザインとかは妻が選んでくれたみたいで、しっかりぼく好みのモノトーン系の配色で上下バッチリ揃えてくれました。

ガンガン個サルに参加していくぞー!

というわけで、33歳の誕生日を祝ってくれてありがとう!

サル通 Vol.5 「Fの頂」を見て刺激を受けまくった週末
サル通 Vol.1 サッカーは素晴らしいスポーツだ こんにちは。タテです。 1年ぶりぐらいにフットサル熱が再燃してしまいまして、週2ぐらいで蹴ってます。ちなみにサッカー歴は20年以...