Futsal

サル通 Vol.1 サッカーは素晴らしいスポーツだ

サル通 Vol.5 「Fの頂」を見て刺激を受けまくった週末

こんにちは。タテです。

1年ぶりぐらいにフットサル熱が再燃してしまいまして、週2ぐらいで蹴ってます。ちなみにサッカー歴は20年以上。

もうすぐ33歳になろうとしてるぼくですが、たまたま参加した「フットサルクリニック」で、Fリーガーのプレーを目の当たりにしてから完全に火がつきました。

次の日が仕事だとしてもカンケーねーとか言いつつ、老体に鞭打ってフットサルを楽しんでます。

「サル通」とは?

「サル通」とは?

さてさて、「サル通」というシリーズ企画を立ち上げてみたわけですが、要はぼくのフットサルやサッカーなどに対する気持ちや、プレーの記録などを不定期に更新していこうという日記のようなものです。

有益な情報は何一つありませんので悪しからず。

というわけで、さっそく昨日のフットサルを振り返ってみます。

初めての会場の個サルに参加。

前もって予約してたフットサルコートの個サルが、人数不足によりキャンセルとなりました。

朝から「今日は夜になったらフットサルだ!」と意気込んで仕事していただけに、開始1時間前になってキャンセルの連絡はさすがにキツイ。

ロナウジーニョのエラシコぐらい切れ味鋭く心をえぐられたので、別のフットサルコートで参加できる個サルはないものか探してみたら、普通にありました。

即予約。

何でもいいからオレはフットサルがしたいんだ!

というわけで、行ったこともないフットサルコートの個サルを予約。

このあたりの行動力はかなり高い方なんです。とはいえ、キャンセルになった別のフットサルコートの個サルも参加したことはないんですけどね。

で、会場に向かいます。

受付を済ませてアレコレ

初めての参加なので会員登録などの簡単な手続きを済ませて受付終了。

LINE登録したり、メンバーカード発行してもらったりそんな感じ。最近はホントに便利な時代ですね。

大抵のことはLINEで済んじゃうんだもん。

で、ウォーミングアップ開始。一緒に行っていた息子(6歳)と一緒にピッチに入ります。

やけにウェッティなピッチコンディション。ボールがつるっつるです。

足下でこねるプレーは難しそうだなという印象。

フットサル、楽しい!

ピッチコンディションは最悪だけど、いざ蹴り始めればやっぱり楽しい!

ピッチに慣れるまではパスが繋がりにくかったり、ボールが落ち着かない時間帯もありましたが、徐々に慣れます。

全然知らない人たちだけど、「ボールをゴールに入れる」という共通認識があるから楽しめる。

サッカー(フットサル)のココがスゴイ!

ここからが本題。前置きが長くなってスミマセン。

初めてのフットサルコートでの個サルなので、当然、一緒に蹴る人たちはぼくにとって皆さん初めましてなんです。

初めましてのはずなのに、ボール1つと、共通で認識してるルールがあるから、お互いに名前も知らない人とでも楽しい時間を共有することができます。

これこそが、サッカーやフットサルはホントに素晴らしいスポーツだなとぼくが思う理由です。

人見知りでも大丈夫

わりと重度な人見知りなんですけど、ことサッカーになれば話は別。

サッカー、フットサルを通して自己表現をしてる感覚と言えばいいんですかね。

「オレはこんなプレースタイルをするよ!」って感じで。

人それぞれ、得意なプレースタイルはあると思いますが、お互いのいいところを引き出しつつ、自分のスタイルを織り交ぜていく。

そこに会話とかお互いの名前とかは必要なくて、1つのボールを繋いでゴールを奪うことだけに集中すればいい。

こんな楽しいスポーツ、他にないなと思います。

長々と理屈をこねてみましたが、サッカー、フットサルは最高!

ああ、時間とお金が許すなら毎日でも個サルに行きたい…。

今回はこの辺で終わります。

それではでは。