Red Wing

コレクターではない。育成家なんだ。

コレクターではない。育成家なんだ。

「RedWingLife」というタイトルで当ブログを運営してるわけですが、ぼくが所有してるレッドウイングのブーツは「8166」の一足のみです。

Twitterとか眺めてると思うのですが、ブーツ愛好家のみなさんは何足もブーツを所有されてる方が多いイメージですね。

ぼくも昔はたくさんのブーツを所有して、洋服に合わせて靴を選ぶみたいなことをしてみたいなと思ってた時期もありました。

コレクターではない。育成家なんだ。

わりとリアルに想像してみたんですよ。ほしいブーツを手当たり次第買って所有してる自分の生活を。

妄想の中のぼくは6足ぐらいのブーツを所有してました。

アイリッシュセッター(黒モック、黒プレーントゥ)、エンジニア、ベックマン、スーパーソール、ポストマン。

どのブーツもエイジングが進むとカッコいい。が、今のライフスタイルだと履く時間があんまりなくてどのブーツもエイジングが中途半端になってしまう。

はっきり言ってちょっとダサい。

コレクターではない。育成家なんだ。

やっぱりね、ぼくがレッドウイングに強烈に憧れて、初めて買ったブーツが8166。

ワークブーツです。

憧れた姿は新品のまっさらな状態じゃなくて、エイジングが進んだボロボロ(失礼)なブーツ。

ワークブーツはこれですよ。

ガシガシ履き込んで、適度にメンテナンスして。やれてきた状態で完成するアートなんです。

ヴィンテージとか現行とか関係ない。

たくさんのブーツを所有したいわけでもない。

ホントにカッコいいと思ったものだけを長く履き続けてエイジングを楽しみたい。

コレクターではない。育成家なんだ。

とはいえ、ぼくの8166も2020年で9年の付き合いになります。

まだまだ現役で履けますが、そろそろ新しいブーツを育てたい欲が最近は強くなってきました。

コレクターではなく育成家なので、中古ブーツとかには興味なし。

あくまでも新品状態から自分の足で育てていきたい。

でも、最近はどんどんブーツの値段が上がってきてますよね…。

セッターなんて昔は3万円台前半で買えてたはずなのに、今では余裕で4万円超えてくるし。

なかなか新しいブーツを購入するまでのハードルは高い…。

指くわえながらブーツバイブル眺めてる時間が至福のときだったり。

それではでは。

こちらもおすすめ