Silver925

シルバーアクセサリーに刻印されてる『925』とは?

シルバー925 刻印の意味

シルバーリングの内側を見てみると『925』と刻印されてますよね。

これはリングに限らず、ネックレストップやピアスのキャッチなど、シルバーアクセサリーと謳ってる商品にはすべて刻印があります。

ものによっては『STERLING』と刻印されてるものもありますが、これも同じ意味だと思っていただいて大丈夫です。

じゃあこの『925』や『STERLING』の刻印ってどんな意味があるの?という疑問に答えていきますね。

925が持つ数字の意味は銀の含有量

さて、シルバーアクセサリーにある『925』の刻印ですが、これはアクセサリーの素材に含まれる銀の含有量92.5%という意味です。

つまり、92.5%が銀で、残りの7.5%は銅などの別の金属が含まれています。

銀は柔らかいからシルバー100%だと強度が保てない

何でわざわざ7.5%も異物を混ぜてるんだろうと疑問に思いますよね。

ぼくも925の意味を知らなかったときは100%の方がいいじゃんと思ってたので、その気持ちわかります。

その理由は、銀はすごく柔らかい素材なので、実はアクセサリーには不向きな素材なんです。

長いこと同じリングを着けてるとわかることですが、日常生活をしてるだけでも普通に歪みます。

7.5%違う金属を混ぜていてもこれだけ弱い素材なので、100%銀だと簡単に折れてしまうことは想像できますよね。

アクセサリーの強度を守るためにあえて92.5%のシルバーと、7.5%の銅などを混ぜて作っています。

シルバーアクセサリーの雄「クロムハーツ」も925

クロムハーツやゴローズなど、シルバーアクセサリーファンから根強い人気のブランドも925なんです。

アクセサリーの値段が高ければ銀の純度が高くなると思いがちですが、それは関係ありません。

その理由は前述したとおり、銀の強度を上げるためなんです。

シルバー(銀)はアレルギー反応を起こしにくい金属

金やプラチナ製のアクセサリーに比べて値段が安いからか、金属アレルギー持ちの人に敬遠されがちなシルバーアクセサリー。

まずは下記の表をご覧ください。

アレルギー反応を起こしやすい金属一覧表

順位金属名割合
1位水銀23.0%
2位ニッケル13.5%
3位コバルト13.5%
4位スズ12.8%
5位パラジウム11.3%
6位クロム9.5%
7位7.3%
8位白金1.8%
9位亜鉛1.8%
10位1.8%

この表にある通り、実は銀はアレルギー反応を起こしにくいことがわかっています。

8位の白金はプラチナのこと、10位の金も24kや18kなどのジュエリーでおなじみの金属です。

プラチナやゴールドよりも手ごろな値段で豊富なデザインの中から選べるシルバーアクセサリーも悪くないですよ。

シルバーにも製造先によっては銅が含まれていたり、銅以外のアレルギー反応を起こす金属が含まれてることもあるのでご注意ください

まとめ

シルバーアクセサリーに馴染みが深い人なら常識的なことだったかもしれませんね。

これからシルバーアクセサリーでオシャレを楽しみたいという方は、ちょっとした豆知識として覚えておくとアクセサリー選びが今まで以上に楽しくなりますよ!

それではでは。